日本

日本で疲れたらインターナショナルな環境で働くことをお勧めする理由

こんにちは! 

ブログをお読みいただきありがとうございます。

日本の労働環境って本当にだるいですよね~

色々細かいし、先輩や上司には気を使い、飲み会に誘われたなら断れず、自分のお金を出しプライベートの時間を犠牲にする。

それをやることで、昇給につながるならまだしも、給料は上がらない日々・・・

はあ~とため息・・・

という方いませんか?

ここで、英語の話せる方前提の提案ですが、インターナショナル・又は外国人がいる会社や部署で働くことをお勧めします!!!

会社自体に外国人が多いところってあんまりないにしろ、外国人がいる部署や、海外と関わる部署だったらありますよね。

私は、生産管理系で海外と関わる部署で事務系の仕事2年、2019年に転職して会社自体に外国人多数の環境で働きだしました。

メリット

①外国人がいるおかげで明らかに環境の厳しさがゆるまる

→仕事第一じゃない外国人は日本人から見ると怠けもの?にみえるところもあります。

けどそのおかげで、厳しさが中和されてリラックスして仕事が出来る^^

②英語でやりとりできる環境だったら、仕事中に英語の練習にもなる

→せっかく、海外行ったりして英語を勉強したのに英語を使う機会がないと忘れてしまいますよね。だからといって、仕事後に勉強・・というのはなかなかつかれてできないもの。

そんなときに、仕事でお金をもらいながら英語を使えば、英語力低下の防止に少しでもつながるし、それが役立つのは嬉しいですよ。

会社によっては、TOEIC800、900以上だと給料上がったりするとこもありますよね。

私はその環境で働いたことないけど・・・・

③有休をとって旅行に行きやすい

私は前回の会社も今回の会社も(?)有休がとりやすい環境だと思います。

仕事内容によって、自分が抜けても平気か平気じゃないかも大きくかかわってきますが、私は周りの理解もあり、大型連休に有休をつなげて海外に遊びに行っていました。

今までの最高記録は、17連休!

ありがたすぎる環境ですね~

日本の忙しい環境に疲れたら、海外に留学やワーホリや就職を考えがちですが、

上記のようなインターナショナルな環境で働いてみてはいかがでしょうか。ちなみにこれは私の個人意見で、職場や職種によっても変わってくるとは思いますが・・・

逆に、私は今後ざ・日本の環境で働けないと思いますが・・・・

お読みいただきありがとうございました。ごきげんよう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です