留学

私が日本を出た理由①

こんにちは!

今日は私が、2015年に社会人3年目を目前にして日本を出ることを決め、

フィリピン留学3か月、カナダへワーホリをする、というプランを選んだ経緯についてお話します。

きっかけは、学生時代の海外旅行

それは、20歳くらいから海外旅行にはまって、もっといろんな国に行きたい、見たい、

世界は広いんだ、と単純に思ったころから実は留学に興味がありました。

しかしながら、当時は英語を勉強するより、より多くの国に行きたいという思いが強かったことと、大学生の時に留学するお金を工面できなかったという理由で留学はあきらめてしまいました。

今思えば、大学を休学して必死にアルバイトして、留学していればその後の私の人生はまた違う感じだったんだろうな、とは度々思うことがありますが、過去を振り返っても仕方ないし、当時はそれはそれで楽しんでいたので、よしとします。

そして、日本での生活の違和感

いつからか、日本での生活はおかしい、海外にいる時はあんなに新しい発見もいっぱいあって、刺激的で自分らしくいれるのに、日本だと息苦しい。

そう思うことが強くなりました。

しかも、社会人になって基本自宅から直行直帰の仕事生活をし、刺激もない。

アフター5を楽しんでる友達を羨ましいとたまに思いながらも、

自分が憧れていた業界で頑張ろう!とも思っていました。

その反面、私の人生こうして過ぎていくの?って考えることが多くなり、とりあえず留学エージェントに連絡しました。

そして、海外で生活したらもっとなじめてそこに私の居場所があるのではないか?

という強い思い込みが始まり、よし!日本を出よう!と決意。

確か、社会人になって半年過ぎたあたりから、そこから情報収集に移りました。

情報収集は、インターネットや経験者から

とりあえずは、留学エージェントに連絡をし、資料請求をしたり、

留学の予算はどれくらいかかるか、そして自分は何をしたくて、どんな風になりたくて、

それをどこの国でやりたいのか、と考えました。

そして、自分が興味がある国に留学したことがある人や住んだ経験がある方に話を聞きました。

ちなみに、人それぞれ価値観は違えど、実際体験した人の話を聞くことで、

自分でも出来るかなという不安が少しずつ払拭される気がしたきがする。

そして、ちょうど私の姉も海外に行っていたので、身近にもそういう人がいることは凄く良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です